蔵王山 白濁.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASGB95GKGGB9UNHB01D.htmlより引用。

55人の犠牲者が
確認され、

戦後最悪の
火山災害となった
長野県の御嶽山
噴火。

犠牲者の
ご冥福をお祈り
申し上げます。

今だ不明者8名を
捜索中です。

今度は
山形県と
宮城県にまたがる
蔵王山の・・


火山性微動が
観測された
ようです。

またもや、
噴火かと
心配になりましたが、

どうやら、
火山活動の高まりが
見られるのは
確かだが、

噴火の可能性が
高まったと
言えるほどでも
ない
らしいですね。

噴火警戒レベルも
1で平常通り
だと
いうことです。

なんでも、
火口の湖面に
白く濁っている
部分を発見
したとのこと。

この白濁は
1940年に
小規模な噴火が
あった際も
確認されているが、

噴火と白濁の
因果関係は
明らかになっておらず、

今回も
噴火警戒レベルを
あげる決め手とは
ならなかったようですね。

気象台の発表によると、
9月30日から
10月9日の間に

蔵王山
火山性の地震を18回、
微動を3回、
確認しているという。

また、
山頂近くが
かすかではあるが
膨張しているのも
確認されており、

火山性のガスの
影響かもしれないという。
御嶽山のように
突然噴火の可能性が
全くないとは言い切れない」
ということで
注意深く、
監視がなされている
とのことです。

もしも、
蔵王山が噴火したら
周辺の影響は?

こちらの
山形県のサイト

ハザード・マップで
確認できます。

過去には
山形市に
灰が積もったという
記録もある
ようですね。

噴火の規模と
風、雨などの
気象条件によって、

被害規模は
変わるようですね。

注意するに越したことは
ないようです。

おわり。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ