アメリカのシンガー、マライアキャリーさんが、激しく太ったという記事がありました。

なんでも、106キロで、歌手生命も危ないとか。

太った画像がこちら。
111-4fbfd-thumbnail2.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000029-tospoweb-ent.view-000

太ったことが歌手活動にどう影響するんでしょうか?

太ったなりの声も場合によっては良いと思うのですが。

ただ太ると、心拍数をあげる行動は負担が余計にかかるので、
そういう意味で危ないということなんでしょうか。

キョ、キョ、興味深いのは、
その記事の下にあった関連記事に以下のようなものがあったことです。

「マライア・キャリーが過酷ダイエットに挑戦 新ロマンスも急進展 」

その記事を開いてみると、ダイエットに成功していて、セクシーなマライアさんの画像がありました。
24dccbe98aea3740d7046cc0ed22572b-271x300.jpg
※http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/624393/より引用。

う〜ん、過酷ダイエットの反動なのでしょうか。

また何か、歯車を狂わせる人生の出来事もあったのかもしれません。

過酷ダイエットの記事のマライアさんの年齢は46歳。

太ったという今日の記事は47歳。

僅か1年ほどの間に何か太るような、間接的な出来事があったのかもしれませんね。

ダイエット記事では新ロマンスも急展開となってますから、
彼氏ができて別れて、ヤケ食いで太った..

太るパターンではよくあることですが。

よくあることだけど、感情が大きく動くような出来事って、
生きてれば避けられませんよね。

私の予想ですが、マライアさんの人は
とても感情のボリュームが豊かで、色彩も豊かな人だと思います。

あの高音ボイスを聴いてると、
どれだけ感情が豊かなんだ?と驚きます。

あの感情の豊かさがマイナスに働いた時、
それは相当なヤケ食いかもしれませんね。

きっと快活でもなくなり、
動くのも億劫になってきて、
ジェットコースターの急坂を滑っていくように、
太っていったのではないでしょうか。

それと太ったのは年齢的なことも大きいと思いますね。
(前の前の記事でも書いたような)

あんまり、衰えとか老化とか、
老衰とか、そういうことは言いたくないですし、
考えたくもないです。

それを言い出すと、
何もできなくなるからです。

私は若くも老いてもいない年齢層ですが、
実際に老いた年齢になった時に、
老衰とか、言ってもしょうがないだなんて、
とても言えないかもしれません。

でもやっぱり、そういう話はしたくないです。

が、マライアさんが太ったのは年齢的なものもあるような気がしますね。

摂り込む量と排出量、発散する量のバランスが
合わなくなってくるんでしょうか。


このニュースで思い出したけど、
サッカーのブラジル代表だったロナウド選手も
とても太りましたよね。

111.jpg
※http://entert.jyuusya-yoshiko.com/ronaudo-futo/より引用。

現役引退してから数年後の写真を見ると、
とても現役の頃が想像つきません。

あの重戦車が滑っていくようなドリブル。

とてもパワフルな選手でしたよね。

マライアさんもロナウド選手もそうですが、
とてもパワフルな人って、エネルギーのサイクルがズレると
極端に太りやすいのかもしれませんね。


太ったで思い出したけど、
ブラマヨの小杉さんも太りましたよね。

267b3833-s.jpg
※http://gossip1.net/archives/1055173022.htmlより引用
d83645d0.jpg
※http://gossip1.net/archives/1055173022.htmlより引用

小杉さんが太ったことについて、
相方の吉田さんの言葉が印象的です。

「オレのことをツッコむ前に、まずお前の腹を改めてこいや!」

「ブラマヨはハゲとボツボツのコンビ、それがハゲとデブとボツボツのコンビになった」

「欠点は3つはいらん!バランスが取れへん!」

お笑い芸人として、欠点がたくさんあると、
欠点だらけになって、結果、一つ一つの欠点がボヤけてしまう..

ハゲのツッコミとボツボツのボケ。

それで絵になってたのに、
欠点がそれ以上増えると、
絵がボヤけてしまう..

本当にそうだと思います。

でも太ったり、ハゲたりすることよりも
よくないと思うことは、
生きてる輝きを失うことです。

太っても、ハゲても、輝きを放ってる人っていますよね。

なので、太った、ハゲただの見た目はほどほどに、
それよりももっと輝くことを求めて、行動した方が幸せな気がします。

おわり。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。


広告リンク
---------
澄肌漢方堂 口コミ
---------

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 カテゴリ
 タグ